スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家は観光ルート? 2012/1/28

年明けの一月、悪魔も遠慮しそうなほどの ド・ピーカン = ド・快晴 のある一日。

アメリカから遠路はるばるやってきてくださったGご夫妻と、なんと二十数年ぶりに再会を果たしました。
以前から私の住む町を訪ねてみたかったとのこと。
それと、実は、私がアメリカ滞在中とても親しくしてくださっていて、今も大変親しくさせていただいているSさんという大層聡明な女性で今もアメリカにいらっしゃる方が、私の昨今の暮らしぶりなどを色々な人に話してくださった結果、皆さん興味をもたれたのかどうなのかはわかりませんが、結構多くの方が、アメリカからこの小さな町を訪ねてくださっています。
このGご夫妻を含めこの一年でアメリカからの客人を迎えるのはこのSさんご夫妻をを含め、四組、トータルで約十名・・・。
で、それらの方々がいらっしゃると、どこへいらっしゃりたいか、はたまた何を観たいのかとリクエストなど承りますが、大抵ご案内するところは三箇所に絞られます。そして、その途中に美味しい蕎麦屋でお昼ご飯、と言った具合です。

まず、明治から昭和にかけて生きた美食家でで大芸術家の北大路魯山人の住居跡。
これは、鎌倉にあったものを移転した江戸期の古民家で、小さくて侘びた茶室と魯山人が焼いた織部のタイルが張られたお風呂場が有名です。
春風万里荘
北大路魯山人の庵「春風万里荘」広いお庭もすてき

さて、その次は、二つの美術館。
ひとつは、竹林がとっても素敵な空間を作っている美術館で、昭和の大財閥が世界各地の絵画を収集したものを展示してあります。
あらゆる時代のあらゆる高名な画家の作品が的確に収集されていて、ある意味その経済人の見識の高さを如実に物語っていると、改めて感心してきました。


日動美術館庭園

もうひとつの美術館は、陶芸のための美術館です。
人間国宝の作品を沢山収蔵していることでは結構有名です。
で、写真はその美術館の玄関前に広がる広大な公園の夕景です。
ウパース君と私はよくこの公園でオビディエンス の練習をしにやってきます。
適度に人がいて、集中しにくい環境で集中するためにはよい練習場です。


笠間芸術の森公園

で、最後に美術館でゲットした、3Dのムンクの「叫び」

3D ムンクの叫び
3Dのムンクの「叫び」
写真じゃ、解りにくいですが、ちょっと笑えます・・・。

三箇所ほどご案内し、間にお蕎麦屋さんで昼食をとり、陶芸のお店など見て回ったら、いい塩梅に夕方になってお腹も空いてきたので、我が家に帰り、囲炉裏に炭をおこし(何時代だよっ!)、皆で鶏鍋をつつき楽しく歓談しているうちに夜が更けていったのでした。
楽しい一日でした。

ウパース君?? ご夫妻をご案内している間、車のバリケンの中でオトナシク待機していてくれました。
ありがとね、ウパちゃん!


にほんブログ村 犬ブログ ジャーマンシェパードへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。