スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森の中のシェパード 2012/3/18

私の家は森の入り口にあります。
森をずんずんと入って行くと、さほど高くはありませんが山へと続き、そしてその山の峰には気持ちのいい道が果てしなく続いています。

犬とともにアウトドアを存分に楽しみたい人間にとっては、目の前に軽くトレッキングが出来る絶好の環境が広がっているわけで、この私も猟期(11月15日から2月15日まで)とスズメバチ、蝮やヤマカガシ等の毒蛇が跋扈する時期をはずして、森と山をウパースとともに冒険と称して歩き回ることは申すまでもありません。

ウパースの誕生する以前に私のかつての相棒であった二頭の親子のシェパード、

            バルト(息子) と ウッシー(母) とも

大手鞠の下のバルトとウッシー


特に2月から4月まではほぼ毎日のように散歩ではなく森や山へ遊びに行ったものです。

それは、ただ単に楽しいからと言う理由だけではなく、
 
まず第一に、起伏に富んだ地形を自由に駆け回り、飛んだり跳ねたりすることで、基礎体力が増加することを期待していること。
  
第二に、自由行動をさせた時にどんな時でも私が呼べば必ず手元に帰って来るように習慣付けること。
そのために、必ず私のポケットやポシェットにはウパースのおやつが忍ばせてあります。
ある時はダイスに刻んだ食パンだったり、ある時は茹でて小さく刻んだ砂肝やレバー等のお肉だったり、ある時はリンゴやバナナを刻んだものだったり、その時々に家にある嗜好性の高い食材を選んで持って行きます。
自然の中で自由に駆け巡れば大抵の仔は嬉しくなって興奮状態になるもの。
そんな時、私の
  
          「ウパース !  おいで~~!」

の声ですぐさま私の元へ戻ってくれば、美味しくって大好きなおやつがひとかけら口の中にほり込まれますから、彼は必ず戻ってきます。

この二つのことを考えつつ、我も彼も存分に森林浴をしてくるのです。
ま、尤も、この時期は同時に花粉浴もしてしまいますがね・・・


動画  森の中のシェパード1
    森の中 : この辺りは杉や檜が植林されてあるが、今や誰かが手入れしてるようには見受けられない

動画  森の中のシェパード2
    山から下り帰る途中、体が熱いんでしょうね、まだ三月だと言うのに沢に浸かるウパース君


昨年のこの時期、ウパースはまだ一歳に満たない月齢で、森で自由行動を取らせると、時々私の指示をわざと無視するかのようにもうメチャクチャにふざけて手に負えないことも正直言って何度かありました。
けれど、今年は呼べば必ず指示通り戻ってくることができるようになりました。

かつて私の相棒バルトやウッシーも必ず戻って来ていましたが、たった一度だけ、

    「あんたたち、長きに渡って施された最高の訓練はどこへいってしまったの~~」 

と嘆きたくなるように、きっぱりと私の呼びを無視して、森の奥深く、山頂の果てまで爆走して行ったことがありましたっけ・・・。
親子二人、見事に結託して!
それは、森の中で沢遊びをしている時、突然、大きくて若いイノシシにばったりと遭遇してしまったからなのです。その瞬間、間髪入れずに二人とも猛烈なスピードで森の奥へと消えて行きました。
そのイノシシを追い詰めて森から山中へと小一時間に渡り、猛烈に走りぬいたのです。
山の中に響き渡る二人の凄まじい叫び声からイノシシを何度か追い詰めているのだと察することが出来ましたが、その行動範囲はとてもとてもヒトの足で追いつくものではありませんから、私はただ山の麓で二人の吼え声が移動する方向に車で移動することしか出来ませんでした。
イノシシにやられたらどうしよう、傷を負ったらどうしよう、とオタオタ、ハラハラし、泣きそうになりながら二人を呼び続けておりましたら、夕闇にまぎれ、非常に冷静な顔をしてバルトが、そしてちょっと後から疲れたけれど存分にお転婆を発揮して満足気な表情でウッシーが戻ってきた時には、泣きそうどころではなく、二人の大きな首を両腕で抱きしめて安心してハラハラと泣いてしまいました

そうです・・・。ですから、どんなに訓練が入っていても、状況によっては頭から訓練の二文字がポロッと転げ落ちることがあるんですね・・・。

それから、ウパースのことに話を戻すと、昨年は既に随分大きく成長してはいましたが、体が十分に出来上がってはいなかったのでしょう。森の倒木を飛び越えたり山の急な斜面を駆け上がったりする時、今年の彼の動きには目を見張るほどの力強さとしなやかさがあり、体が充実してきているのがよくわかります。

  今まで私の相棒であったバルトやウッシー、
  そして現在の相棒であるウパース、
  これらの犬たちが体中で嬉しさを表現し、
  命を輝かせながら森の中を走りぬける時、

  必ず私は思います。

     シェパードとはなんと強靭で優美な生き物であるか
   と



にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

斜壁と障害 2012/3/10

さて、かねてから、作ろう、作ろうと考えていたモノ、二つあり。


         斜壁 と 障壁


さあ、今週は雨の止んだある日の数時間で、完全にこの二つ、やっつけましたぞ!!

斜壁も障壁も犬の訓練には必需品。

我等、ヒトの生活を支えるため太古の昔からあらゆる作業をすることで我々と共存してきたイヌ族は、たった一言の声符によってこれらの障害を物品を持ち帰ることを課題としながら飛び越え、更にその物品を堅固に保持しつつ、ヒトに捧げるかのようにその物品を咥えハンドラーの正面に停座するというお仕事をこなさなければならないのであります。

大変だね~、全く、君たちは!



君たちイヌ族は、ご気楽に、

    
   
           森を駆け回り 山を越え
          川を泳ぎ
          大地を走り抜け
          鳥や 小さい生き物を追いかけ

          ただただ 自由に君たちの 
          その命を 謳歌すればよいのではなかったのか?




しかし、イヌ族に備わるあまりの作業能力の高さを、むやみに見過ごすことが出来なかったたヒト族は、今や我々が生きるためにはその殆どが不必要となった技術を、
          
          果てしなく深く、且つ、果てしなく高い 

          《訓練》

と言う高度に昇華されたカ・タ・チで君たちに文化として託しているのだ、と、私はイヌの訓練を解釈しています。

ウマの世界も、また、然り・・・と思います・・・多分。(急に自信なさげ


で??

本日は、これらの作業をウパースが完全にこなすことが出来るようになった、と言うことではぜ~んぜんなく、
ウパースが完全に課題をこなせるようになるための道具を作って完成したっ、ちゅ~話しなのであります。

      おほほ・・・、皆様、拍子抜けした方、悪しからず~でございます。

私が何か道具や器具を作るときには、
     
            『徹頭徹尾、家にあるものを使いまわす』

と言うことを鉄則としております。 
で、今回も殆どのものが家の工房の下屋の下にストックされてあったものを再利用しております。 
新たに買ったのは、斜壁に使用した人工芝と滑り止めの横木(これはIPOの規定書に細かなサイズ指定があるのです)のみ。 

      合計でせいぜい 1500円ナリ。
       
         (何も段落変えて強調するほどのことではなかろうに・・・。)


しかし、まあ~、我ながら、かなり上出来!と自負しておりますので、まずはご覧下されませ。




iphone_20120307140912.jpg
                                  
斜壁・ウパ君、これから特訓だがや~!
今はまだ90度の角度ですが、これから慣れてきたらもっと鋭角にしていきます。


iphone_20120307141009.jpg
障壁・君、眠そうだね、さては私が作っているのを見ているうちに眠くなったな?
 こちらは板を縦に積み重ねることによって高さが調節出来るようになっています。
  
iphone_20120307141051.jpg

                         そして本日お世話になった道具たち。感謝



にほんブログ村 犬ブログ ジャーマンシェパードへ
にほんブログ村

大洗・里海邸 2012/3/8

このブログの前の記事『雛祭り女子会』の次の日。

前夜の女子会で呑みすぎて朦朧とした頭で、私の叔父の同級生の息子さんご夫妻が経営する 茨城県大洗の

           老舗旅館『金波楼本邸』

が全く新しいコンセプトでつくられた

                 『里海邸』
             www.satoumitei.jp


としてリニューアルオープンしたので、誘われ行って参りました。

「美味しいお昼ご飯をご馳走してあげる!」 と言う伯父・伯母の甘~~い一言にホイホイついて行く脳味噌のカル~い私・・・。

すると、何と! 

 いやはや、大洗の海岸を全面に眺める最高のロケーションに、細やかな心遣いが感じられるおもてなしと贅沢な建物の造り(決して華美で派手なのではなく自然で抑制の効いた構造です)、そして板前の感性の豊かさを証明するような素晴らしいお料理!!!

特に鮟鱇鍋(あんこうなべ)は、天然もので冷凍していない生の鮮度のいいものを使っていらしたのでお造り同様、完璧な歯ごたえと美味しさでした。コラーゲン、 これでもかっていうくらいプリプリ!

他にも、食べきれないほどのおいしいお料理が出されたのですが、ワ~ワ~言いながら、嬉しがっていただいているうちに、写真を撮る事をすっかり忘れ、大洗の海岸の写真しかありません・・・。
            
                   トホホ・・・。

すみませんが、皆様、詳細については是非、サイトを訪ねてみてください。

昨年のあの辛かった大震災から約一年、この旅館のあった辺りははかろうじて津波にのまれることなく無事だったようですが、一番の問題は風評被害とのこと。そのために大洗はここに限らず、どこもお客様の数が減っているとのこと。
そこここに震災の爪跡を散見するものの、旅館そのものも、大洗の大きくて安い魚卸売り市場も完全に正常復帰しているとのことですので、皆様、今年は是非大洗を訪ねてみては如何でしょうか?
私も今回は、大洗にはこんなに素晴らしい所があったのか!と認識を新たにいたしましたので、皆様、是非どうぞいらしてみてください!

そして私は、こんなに素敵な一日を過ごせて、

             超~!ラッキー

と喜び舞い踊るのみなのでありました。

iphone_20120305153244.jpg
     やはり神が舞い降りてくることが想像できる 《場》 なのでしょう。  
     霧が峰の車山山頂も、ここ大洗も。
     神を向かえるための鳥居が荒波の中、超然と立っております。  
     里海邸からの眺め。


にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

アッと言う間に一か月! 2012/3/7

皆さん、ご無沙汰しております。

なんだかんだと、働いたり、ウパースの訓練したり、遊んだりしているうちに、ただでさえ短い二月が

           アッ

と言う間に過去って行きました。
皆さん、いかがお過ごしでしたか?

で、つい先日のこと、三月三日の雛祭り 

そーです、お察しの通り・・・またもや 女子会です
今度は我が家で・・・。

今回は海鮮炭火焼にしようと、こんな相談はサクサク決まり、

    用意したものは

   
        マグロの巨大カマ
        海老
        ハマグリ
        野菜
        手鞠寿司
        鯛の昆布締め(刺身で)
        鯛の潮汁
        最後にはバナナアイスクリームまで作って平らげてしまった・・・。

でもって、お飲み物はと言えば・・・、  モチロン  日本酒

iphone_20120305152255.jpg
                                       雛祭り女子会の図
カンパ~イ!!

我が家の居間には木工作家の友人が、私の『あーだ、こーだ』とこだわって我儘な注文に付き合ってくださって作った囲炉裏テーブルがあるので、炭をおこして居間で居酒屋さんごっこができるのです。
これって、一年を通じて結構楽しめます。
これからお家を作る方、あるいはテーブルを新調しようかとお考えの方には、是非是非お勧めの一品です。

で、またもやこの日も散々盛り上がって、その晩は皆さん我が家にお泊まりです。


で、このような時ウパース君はどうしているかと言えば、始めのうちはテーブルの横にある巨大犬舎の中ですぐ目の前で展開されている酒池肉林(??)の人間世界を涎をたらしながら、しかし半ば諦めモードで眺めておるのです。
が、この頃はちょっと月齢も進み、ちょっと大人の領域にさしかかりつつあるせいか、途中で犬舎から出してあげることができるようになってきました。
子供の頃は、お客様がいらっしゃると、そりゃ~もう嬉しくって嬉しくって、興奮しまくりで愛想を振りすぎてお客様が辟易としていたのですが、この頃は犬舎から出したら最初は興奮していても「臥せ」の命令でお客様の傍に伏臥の姿勢で大人しく参加することがやっと出来るようになってきました。
     
          ホ~~~~ッ

どんなに長い間、このように出来るようになる日が来ることを望んでいたことでしょう・・・。
訓練の際には小さなパピーの頃から臥せなど出来るのにもかかわらず、ウパースのが冠につくほどの外向型性格からか? はたまた、私の彼への影響力が小さいからか、お客様への大はしゃぎをコントロールすることがなかなか出来なかったのですが、やっとこの頃落ち着いて宴会に参加できるようになってきました。

で、「お前も一杯やるか?」と聞いたら、「僕は日本酒よりワインがいい」と言ったとか、言わなかったとか・・・。

その後はお客様のお布団にもぐりこんで一緒に寝ていましたよ
お客様、ガタイの大きな犬でさぞさぞ窮屈な思いをなさったことでしょうが、どうぞ、お許し下さいませ



次の日の朝、皆が皆、調子がですぎて呑みすぎて二日酔い・・・であったことは言うまでもありません・・・

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。