スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UPA-AS ━━ウパース━━ 名前の由来【1】 ウッシーの想い出 2012/5/26

5月26日

2009年のこの日、ウッシーが天へと昇っていった。

三年前のことである。

思えば、ウッシーほど、この世に生を受けてから数奇な運命を背負いながらも、一身に愛と訓練を受けおおらかにその一生を終えたシェパードはいなかったと思うほど、彼女の人生は一通りのものではなかった。

   
           Uschiet't PALMALEINEHOF (ウッシート パルマライネホーフ)




HIMG0194_edited-1_convert_20120529113939.jpg    
左が息子のバルト                              右がこの記事の主人公ウッシー

彼女はベルギーに生まれ、幼い頃、京都のMさん(IPOにおいては日本のカリスマ的存在である)が日本には無い血統の子として白羽の矢を立て日本に連れて来た。
ゆくゆくはM氏の所有する


           Orry von Haus ANTVERPA


と交配し子孫を残すことになる。
この Orry (オリー) というウルフカラーのシェパードは生涯において 、IPOの全シェパード(WUSV)と全犬種(FCI)の二つの世界大会を通算三度世界のトップに君臨するという、未だかつて無い偉業を達成した犬である。
恐らく IPO (このブログのこの記事に簡単に書いてあります) にかかわる人間ならオリーの名を知らぬ人はいないであろう程の名犬なのであった。


そして、一度ウッシーは京都でオリーとの間に仔をもうけた後、関東のN訓練士に譲渡され、そこでいよいよ本格的な IPO の訓練が始まるのであった。
N訓練士の下でも更にもう一度オリーとの間に仔をもうけることになるのであるが、その時は5頭の仔が産まれ、その中で唯一の男の子であった バルト がやがてウッシーより一足先に我が家に来ることになるのである。
今日はバルトのことは後々大事なことを沢山書かなくてはならないので、ウッシーに関しての話だけを進めたいと思う。

N訓練士の弛まぬ努力と才能、そしてウッシーが彼女自身の本来持っている希求性の高さとのびやかな資質があいまって、遂に 

       WUSV の日本代表の座を勝ち取り


世界大会(この年はオーストリアで開催された)へと進出を決めたのであった。

       
       2002年の秋のことであった。
       
この時の日本での予選会の成績は、追求、 服従、 防衛、
この三部門中、なんと服従と防衛の二部門において第一席であった。
(追求に関しては、皆さんどうぞ聞かないでください・・・。)


img017_edited_convert_20120529114634.jpg
2002 WUSV 世界大会日本代表選考会にて 防衛作業





そして、世界大会を終え無事帰国してからしばらくして、競技生活を引退することとなり、我が家の犬環境を気に入っていてくださったN訓練士ご夫妻との話し合いで我が家で終生暮らすこととなったのである。

その時の条件はこうだった。

       医療費、食費 などの経費は一切N訓練所で負担するので、
       サラサラサラサはウッシーを可愛がってくれるだけでよい。

この尋常ではない申し出はウッシーの死に至るまで終生守られた約束事であった。
こんなにありがたい申し出と非常に優秀な訓練犬と暮らせることを断る馬鹿者はいないだろう・・・、と言うことで先に我が家に来ていた息子であるバルトとの折り合いも非常に良いことも重なって、ウッシーは競技生活にピリオドを打ち引退後、我が家にやって来たのである。


ウッシーは殆ど黒い被毛で覆われ(足先が茶色く、後脚の内側が白い)、首から背中にかけてゆるやかにウェーブがかかり、尻尾などは地面に引きずる程長く(また尻尾の先端の毛が可愛らしくカールしていた)、その艶やかで真に深い黒色の輝きが彼女の固く引き締まった筋肉質の大きな躯体をことさら優美に、又しなやかに見せていた。
彼女に接した人は、その人懐っこい性格と美しい風貌故に、必ず彼女の魅力に賞賛の声をあげてくれたものだった。


PIC_0071.jpg
陽を浴びて黒い被毛が美しさに輝く


PIC_0009-2.jpg   PIC_0022-1.jpg  PIC_0004-3.jpg  PIC_0023-1.jpg 
画像が古くて小さくて、ごめんなさい・・・。  庭で遊ぶウッシーとバルト





ウッシーはこうして7歳半にして人生で初めて一般の家庭犬としてそれ以後6年の長きに渡り、普通に家の中で私たちとともに暮らし、庭ではバルト相手にふざけあい、森や山を駆け回り、川で泳ぎ、存分に彼女の後半の人生を楽しみ、遂に13歳半となった5月26日その人生を閉じたのであった。

HIMG0268_edited_convert_20120529122849.jpg
ウッシーの天昇前一ヶ月  もう後脚はサポート無しでは立ちません 4月の庭で 山吹が咲いているよ ウッシー大好きだよ! 








雲ひとつ無くこれ以上望めない程爽やかに晴れ渡った朝のことであった。 












 お願いだ~! ポチっとね~~!
ただ今、シェパード部門で12位
下の写真は三代目 ウパース だぜ~

    

にほんブログ村 犬ブログ ジャーマンシェパードへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

緑に染まる五月 2012/5/16

ゴールデンウィークが終わるとともに、陶炎祭(ひまつり)も終わりました。

今年の陶炎祭は延べ34万1000人の来場者を迎え、盛況のうちに無事最後の後片付けまで終了することができました。

このブログをお読みになって陶炎祭にいらしてくださった方達全てに篤く御礼申し上げます。
また、来年もどうぞよろしくお願いいたします。


第31回笠間の陶炎祭
fc2blog_20120510141028db2.jpg

雨の日だってお客様は気合が入っています
fc2blog_2012051014123123f.jpg



・・・、とここまで書いてはみたものの・・・余りに疲れ果て、ブログをアップする気力がなかなか出ませんでしたが、今日は思い切って書きましょう

陶炎祭の期間中は我がウパース君、晴れの日は必ず私のお供で広くて美しい芝生の会場までご出勤。
会場の私の店舗の裏に作ったテントの控え室の中で、実におとなしく過ごしていられるのには正直言って少々驚きです。
そして、彼の訓練など、体力と気力を消耗しきっている飼い主のせいで少しもしてあげられませんでした。
勿論、時々は早起きして森や山に放牧しに出かけてはいましたが、さぞかしエネルギーが溜まっているのではないかと戦々恐々としながら、SCHUTZHUND KLUB(シュッツフント クラブ)の練習に戻ったのでした。


放牧っ!!

fc2blog_20120510141211c4a.jpg


fc2blog_201205101411443c7.jpg


fc2blog_20120510141122a8b.jpg


fc2blog_201205101411029dc.jpg





   《訓練》 と一言で言いますが、訓練とは、

         
          どんな事を犬に教えるのか
         

         そしてどのように犬に理解させるのか

      
         それは、対象となる個体に合った方法であるのか


ということを常に考えなければいけない作業だと、私は思います。 
しかも、日々、毎日、少しずつ繰り返し行うべき事であります。


私はきっぱりと明確にこの点だけは自信を持って申し上げられることがあります。

それは、私は、

                
           アマチュア     


だということです。


そんな事に自信を持つな~、と言う声多数。・・・了解

そして、私はアマチュアなりに試行錯誤して、自分自身で納得しながら訓練という大きな楽しみを享受していきたいと願っているのです。
世の中には本当に多くの訓練方法があり、それが絶えず変化し進化し続けています。
それらの先達による数多の訓練のほんの一部を見聞きし、自分に取り入れたり否定したり(オメーに否定なんかできるのかよっ、との声多数、了解!)しながら、自分の犬の訓練を楽しんでいきたいというのが私のエゴであります。


ですから、私の訓練先生には、私が試行錯誤して苦闘した挙句に先生から正解を聞き出すこともしばしばあります。
それは遠回りに思えてもやはり、自分で考えるプロセスを省いては私の理解の助けにはならないと思うからなのです。
長い人生の中でそれが私のやり方であり個性なのであると言うことがわかってきたので、そんな風にしています。
もっと、若い時代には恐らくこの方法がいいと言われたならば、金科玉条、その教えに則って言われるがままにしていたかもしれませんが、そこはもう、年をとって面の皮が厚くなったと言うか、ふてぶてしさが身についたと言うか、何と思われようが納得いくまで試行錯誤を繰り返すのみです。


陶芸という仕事を本業としている私、サラサラサラサですが、私が作陶の上で最も重視していることが、

           
           どんなものを創りたいか



ということです。
陶芸の分野も各作家によって千差万別で、どんな分野の芸術でも同じことが言えますが、造る人の姿勢や気持ちの高さ、低さが作品に端的に見て取れるものです。

創ると言う事においては、陶芸も犬の訓練も、私は同じことが言えるのではないかと思っています。


訓練においては、


           どんな犬を創りたいのか


このことが最も重要な事なのではないか・・・、とこの頃、薄らボンヤリ考えています。あくまでもウスラ・ボンヤリですぞ


            頭が良くて、そこそこ何でもソツなくこなす犬
            多少荒削りで早とちりではあっても、エネルギッシュに生き生きとこなす犬
            何でもこなすが、シンネリしっちゃって下向いている犬
            嬉しそうにしているが、焦点の定まらない犬


いろいろいます。小学校のクラスにもいましたよね、そんな、子達が。
皆それぞれの個性があるのでしょうが、犬はハンドラーの方向性に従い結果的に創られていくのでしょう。


私はウパースを

  
           自信たっぷりで、のびのびと、
          ちょっと位の失敗でへこまない
          強いけれど、デリカシーも理解する




そんな犬にしたいと思います。


でもって、

            どんな時でも集中できる犬



 というのを最後に付け加えておきたいと思います



訓練終了。  辺りは一面の麦畑!


fc2blog_20120512130155353.jpg



全てが緑に染まるこの五月。







お願いだっ! ポチっと押してくれ~! 
 



にほんブログ村 犬ブログ ジャーマンシェパードへ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。