スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UPA-AS ━━ウパース━━ 名前の由来【4】バルトがマリ子に託したメッセージ(2009.9.16) 2013.2.20

この記事は連続物語です。
今日初めてお読みになる方は、以前の記事を先ずお読みくださると話が分かりやすくなると思います。



   【1】ウッシーの想い出
   【2】バルトの想い出

   【3】光り輝く球体

















【4】バルトがマリ子に託したメッセージ(2009.9.16)



バルトやウッシー、その大きな存在がいなくなった後、私は居間に敷いてあった二人がかつて安らっていた何枚も何枚もあったクッションやタオルを全部綺麗に洗い、よくよく陽に当てて干しては取込み、干しては取り込むという作業を二日程続けた。

庭にクッションを干している間は、当然ながら居間にはクッションが何もなくなるわけなのだが、その居間に一人たたずみ眺め渡すに、そこは、何と広くて空虚な空間であるかということを、嫌と言うほど思い知らされた。

    
     私は、自分自身の為に生きていたいのではなかった。
     私は私の犬の為に生きていたかったのだが、
     その犬は二人とももうどこにもいない。

  

肩に降りて来た光り輝く球体の存在がまだかすかに残っているのが心の支えになっていた。

バルトが亡くなってから三日後の夕刻、やっと全てのクッションが完全に乾いたので、居間に取り込んで重ねておいた。
明日は全てを納戸にしまってしまおう・・・と考えながら。


そこへ突然、マリ子がサンマを4尾ぶら下げて我が家にやって来た。

   「一緒に食べよ~。」

と朗らかな笑顔を私に向けながら、そう言った。

    サンマ


マリ子というのは私より10歳くらい歳下で、もうかれこれ18年ほどの付き合いのあるとても可愛らしく細かい気配りのできる女性で、私を親しく思ってくれていて常々私を姉のように慕ってくれている人物なのだった。
マリ子はバルトと同じくらいの年回りの、これまたとてもチャーミングなメルモと言う名の黒いラブラドールの女の子と暮らしている。
このメルモはバルトの言ってみればガールフレンドのような存在であった。
メルモが我が家に遊びにくる度に、バルトはメルモをまるでお姫様のように扱い、バルトはメルモに恭しく付き従うしもべのようであったのを私達は微笑ましく眺めていた。

そのマリ子が持って来てくれたサンマを晩ご飯にして一緒に食べながら、マリ子がこう話し始めた。

実は、昨晩、マリ子がメルモと一緒に寝ていたら、寝室の隣の部屋からガサガサと布地を引っ掻くような音がするので目が覚めてしまった。
寝室に続く隣の部屋の障子はいつものように開け放してあるので、この音の原因は何かと思い、体は動かさずそ~っと目だけ開けて隣の部屋を確認してみると、そこにはメルモの犬用の茶色の円形のベッドの上に大きなウルフカラーのシェパードが乗っていて、一生懸命そのベッドを前足で巣作りするかのようにガサガサと引っ掻いているというのだ。
勿論、マリ子が一人住む家にメルモ以外の犬などいない。

     瞬間、「バルトに違いない」  と

マリ子は内心、ハッと驚いたが、その動揺を押し隠し見ていると、そのバルトらしきシェパードは穏やかな顔つきでゆっくりとマリ子の方へ頭部を回しマリ子の顔を見て、暫くして消えたのだと言うのだ。


余りに不思議な事を話し始めたマリ子に、私の方こそ内心ギョッとしたが、マリ子はバルトの事をよく知っている上にバルトが亡くなったその日には駆けつけてくれ夜を過ごし、次の日には荼毘に付すため、車に乗せるのを手伝ってくれたのだ。

そんなマリ子がバルドを見間違えるはずもない。

その上、私がマリ子の言う事をふざけた戯れ言と一笑に付すわけにはいかない理由もあった。

マリ子とは長年付き合って来たが、バルトの亡くなる3か月程前、ウッシーが天寿を全うした時に、初めて、マリ子には不思議なチカラが宿っているという事を知ったからであった。

ウッシーが亡くなった後、私にはどうしてもウッシーがまだ天に上がっておらず私達の周辺にいると強く感じていた。
居間の一定の場所にウッシーの存在を感じた。
そして、庭の枝垂れ柳の樹の下は死の直前、不自由な後ろ足を私がサポートして歩かせると、必ずその樹の下で好んで安らっていたためか、その場所には、殊更強くウッシーの存在を感じた。
それは、多分、今までいたものが急にいなくなったから、私のもっと一緒にいたかったという強い願望がそう感じさせているのだろうと思っていた。

  DSCF2265_convert_20130216205439.jpg


が、マリ子がウッシーの死の直後に我が家を訪ねて居間に入った瞬間に、

    「あ、ここには何かいる」

と言うものだから、私も軽い気持ちで、

    「それはウッシーですよ」  と応えたのだ。

しかし、何故そんな事をマリ子が感じたのかわけを問いただした時、その時、初めてマリ子は自分自身のみならず、彼女の姉達も皆一様に人の死後の魂を感じたりその姿を見たり、また体に憑依されたりする不思議なチカラ(これを私は何と表したらいいかわからないのだが、多分、一般的には霊感体質とか言うのであろうか)が備わっているというのである。
今から3年前の事であるから、マリ子と私が知り合ってから15年の月日が経っているというのに、私にとっては初めて知るマリ子の不思議なチカラであった。

そして、ウッシーの死後10日程経ったであろうか、私はもっとウッシーの存在を感じていたかったのにも拘らず、ウッシーの気配は、もう居間にも、庭の柳の樹の下にも、どこにも一切、感じる事が出来なくなっていた時に、またもやマリ子が我が家にやって来たので、

     「何か感じるか」と聞いたところ、

     「もう何も感じない」という答えが返って来た。


だから、今回、バルトが死後三日経ってから、マリ子やメルモのところに現れたという彼女の話にも、そうか、そんな不思議な事もあるものなのだと自然に納得している自分がいたのであろう。

しかし、私は一切、霊魂を見る事が出来ないからマリ子のところに現れたのは不思議はないとしても、一体、バルトは何が伝えたくてマリ子の家でメルモのベッドに乗っていたのだろうか。

その問いの答えは、その時は私にもマリ子にも見いだせないままであった。

バルトが引っ掻いていた茶色いベッドは、実はバルトが亡くなった日に、バルトが一度も使っていなかった物をメルモにとあげた物だった。
メルモはたいそうそのベッドが気に入って、二日間は夜もそのベッドで寝ていたが、バルトが現れたその晩に限って、メルモはマリ子のベッドで寝ていたというのである。

が、バルトはそのベッドには何の執着も持たない。


そんな話を伝えて、サンマを食べ終わったマリ子は帰って行った。


次の日に、居間に積み上げたクッションをしまおうとしている時に、
突然、電気に打たれたかのように、一瞬にして私は理解したのだった。

何故、バルトはメルモのベッドに乗っていたのか、
私に何を伝えたかったのか。

私は突然、理解したのである。


犬達のクッションが何もない伽藍堂のようになってしまった居間を見る度、猛烈な悲しみに襲われている私に、バルトはきっとこう伝えたかったに違いない。


     「お母さん、僕はまだ、ここにいるから、
      僕のクッションをしまわないでね。
      それに、クッションがあった方が
      お母さんは寂しい気持ちが少しはしないと思うよ。」
  と。


クッションをかたずけている手を急に止め、私はもう一度、今までバルトやウッシーが生きていた時と同じように、同じ場所にクッションを敷き直した。

すると、バルトがいなくなった悲しみは少しも薄れはしないが、少なくとも空虚な空間を感じなくても済んだ。



それから、数日が過ぎ、バルトの死を知り、その死を悼んでくれる沢山の友人達が入れ替わり立ち代わり綺麗なお花を携えて、愛犬を連れて我が家にやって来てくれた。

何日にも渡って、何人も、何頭も来てくれた。



驚くべき事には、友人達の犬達はどの子もみんな私の家の居間に入るや否やそのクッションを見つけ喜こんでそこに寝そべるのだった。

     
     まるでそこが、以前から決められた自分の場所だと言わんばかりに。
     
     皆、安心して、寛いでは帰って行ったのだった。




それは、まるでバルトが、多くの犬達を私の家のクッションまで道案内をして連れてくるかのようだった。

     お母さん・・・ね、寂しくないでしょう?







 

押しとけ 

にほんブログ村 犬ブログ ジャーマンシェパードへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

UPA-AS ━━ウパース━━ 名前の由来【3】 光輝く球体(2009.9.14) 2013.2.10

【3】 光輝く球体(2009.9.14) 



ウパースの名前の由来を
   
   【1】ウッシーの想い出
   【2】バルトの想い出


と書き進んだ所で、さて、次に書かなければならないのは大変不思議な事ばかりなので、これをお読みくださっている方々には恐らくこのサラサラサラサラという人物は正気であるやなしやと・・・と訝しく思われるのではないかと懸念するあまり、とうとう4か月もの月日が流れてしまった。

しかし、刻一刻とウパースの誕生日が近づいてくるので、なんとかその前には全部書いてしまわなけれならない。
何故なら、ウパースが母の胎内から出てこの世に誕生したまさにその日に、私はウパース UPA-AS という名前を彼に与えたのだから。
  


さて、話は、時間をバルトの亡くなった2009年の9月13日に引き戻して再び始めたいと思う。

私は最愛のバルトを亡くし、その夜、冷たくなった遺体を何度も抱きしめながら過ごし、次の日にはお花で一杯にしてあげたバルトの遺体を車に横たえて私達二人の想い出深い場所を何カ所か回った後、ウッシーを荼毘に付した所と同じ場所に向い、いよいよ本当に最後のお別れをしたのであった。

バルトがその肉体を消滅させながら天に立ち上って行くその煙をしっかりと目視できるよう、私は車で火葬場からほんの少し離れている所へ移動した。

何故なら、バルトが天高く立ち昇っていく煙となりゆく瞬間すら、私はこの自分自身の目で彼を抱きしめていたいと思ったからだった。

この時には、色々な想い出が脳裏に去来するものだろうと私は思っていたが、この時は何日もろくに睡眠と食事をとっていなかったせいでもあるが、ただただひたすら呆然と胸の中が真っ黒な空洞になっているのを勝手に流れる涙もそのままに感じているだけであった。

三時間も過ぎたであろうか、やっとお骨になったバルトを迎えに行って、

     「さあ、バルト一緒にお家に帰ろうね」

と語りかけ、白い骨壺を胸に抱いて車に乗って帰途についた。

車を発進させてものの50mも行かないうちに信号があり、赤いランプが点灯したので停車した。

まさにその瞬間、車の上の方から天井を通り抜けて眩しく光輝く白熱した球体が二つ降りてきたのを感じた。

この球体は、直径15センチほどの大きさで、激しく美しく光り、膨大なエネルギーを持っているように感じられた。

IMG_0877_convert_20130214164319.jpg


私は陶芸家である。
陶芸家は作品を土で作り、それを窯で焼く。
窯を焚く時の温度は勿論非常に重要であるが、ことさら最後の数時間の最高に温度を上げながら維持した状態の時の窯の内部を、釉薬は十分溶けて美しくなったであろうか、土は焼きしまって堅固なものになったであろうか、と何度も何度も覗き込むうちに、窯内部が温度域によってどのような発光色を帯びているかでその窯の状態を瞬時に判断できるようになっているのだ。
従って、この時も、とっさにこの白熱した状態は、恐らく1280度は超えているに違いないと直感したのにはこんなところで仕事で培った勘が働くので我ながら少々 驚いた。


私は不思議な物はこれまで一切見た事も経験した事もない。


しかし、これは現実の私の肉眼で見たのか意識の中でそのような幻覚を見たのか、境界線が見つからないような意識でもない無意識でもない次元で、その二つの球体が私の両肩に降りてくるのが感じられたのだ。

初めは左肩の方に降りてきた球体があり、ほんの50センチくらいの差で少し遅れて右肩に球体が降りてきた。左の球体の方がとてもしっかりしていて輝きが強かった。
その二つの球体は私の肩から10センチくらい上の所に浮遊しており、まるで私の肩に磁石でも付いているかのように私が動くとすっと浮きながら付いてくるのだった。
こんな不思議な体験は初めてであったが、私は少しも怖くなく、

      

      ああ、バルトとウッシーが降りてきたのだ
      これからはいつも私と共にいてくれるのだ




と素直に感じ、とても温かい気持ちに満たされ、こんなに悲しいのに、何故かとても嬉しくてありがたい気持ちがしたのだった。

 
家に帰り着くとまだその球体は両肩に浮かんでいるままで私から離れようとはしなかった。


さて、いつもと同じ我が家に帰り着いたものの、あれほどの大きな二人のG・シェパードが楽しげに走り回っていた家や庭のどこを探しても、以前と同じように楽しげに走り回っている犬達の姿は、どこにもない。

家の中に入り静まり返った居間にいて、午後は沢山あるバルトとウッシーの安らいでいた長座布団やタオルや色々な物など全てを、今日のこの素晴らしくよく晴れたこの日に洗濯して乾燥させ、しまってしまおうと思った。
というのも、それらの品々が私の目に入れば、必ず猛烈な悲しみが私を襲ってくるのが自分自身でよく分かっていたからだ。

洗濯は出来たが、もう今日は乾かない。
明日、もう一度全部庭に干さなければしまえないな、と思った。

その夜、初めて一人ぼっちになった私は、かつて今まで自分が出した事のない程の大きな声で思いっきり泣いた。
それは、泣くというよりはむしろ、魂の底から突き上げてくるような雄叫びとか絶叫というものに近かった。


DSCF2062_convert_20130214164600.jpg



   

       ここは森の入り口。


誰に気兼ねするでもなく、思いっきり感情を吐露する事が出来る場所に住んでいるのが、幸いだった。





押しとけ

にほんブログ村 犬ブログ ジャーマンシェパードへ
にほんブログ村

ウパースのオヤツ天国 2012.12

     【ウパースのオヤツ天国】



とある雨の一日。


僕はFacebookの超人気者のKおるちゃんからプレゼントしていただいた牛のでっかい拳骨を頂いちゃいました!!

DSCF3887_convert_20130210131752.jpg
先ずは、自然解凍して・・・



そりゃ〜フレッシュで、最高級の生のオヤツだったから、僕の野生はすっかり蘇っちゃったよ!!

      
      

DSCF3905_convert_20130210131821.jpg
早くちょうだい・・・。



DSCF4002_convert_20130210132050.jpg
先ずは、こっちから攻めてみます!

DSCF3983_convert_20130210131853.jpg
そして、こんな角度からも・・・



DSCF4062_convert_20130210132203.jpg
たっぷり30分は格闘し、あともうちょっとで完食・・・



DSCF4076_convert_20130210132518.jpg
ふひゃ〜〜、満足、満足!!・・・・恍惚!!



      ウヒャ〜イ、満足、満足〜♬
      
      ありがとう〜〜、Kおるちゃん、

      僕、愛してるよ〜〜!!

増田圭おるさんの「さんぽ日和。」も谷尾興産さんをお勧めしていま〜す!

ご興味のある方は是非覗いてみてくださいね!

本当に新鮮でお腹の案外デリケートなシェパードも全然大丈夫でした!

       
ご興味のある方はこちらからどうぞ      谷尾興産





押しとけ!!
にほんブログ村 犬ブログ ジャーマンシェパードへ
にほんブログ村

すき焼き・お茶会 2013.2.11《女子会総集編3》

すき焼き・お茶会 2013.2.11




またもや美味しい物を持ち寄っての今回はすき焼き・お茶会の女子会です♬

ウパースも参加して、なんとも切なそうにお肉を見つめておりました。

DSCF5088_convert_20130213174607.jpg

準備はオッケーです。

炭火もおきました。

巨大な木の葉型の大皿にこれから平らげるであろうご馳走を盛りつけました。

早く鍋を持ってきて下さい!!

もう待てません!(誰がだよ!)


DSCF5098_convert_20130213181204.jpg

お肉は栃木県日光の黒毛和牛A-5ランク。

画像に映っている手の方のお持たせでした。超贅沢!!

お酒は広島県神石高原の地酒『神雷』

めっちゃ、旨かったです〜!

余りにお腹いっぱいになり、少々庭で遊び・・・それからお茶会です。

DSCF5127_convert_20130213174701.jpg


この日は皆、裏千家のお茶を勉強したお仲間。

お庭で談笑している間に、釜のお湯もいい案配に煮えたぎってきました。


ちなみに当然ながら・・・器は全て拙作です。


DSCF5135_convert_20130213174726.jpg

先ずは主菓子『侘助』

菓子器は拙作、長四方皿『唐草紋・飛燕』


DSCF5142_convert_20130213174753.jpg

今回は、お薄のみ。

お茶名は京都一保堂『蓬莱の昔』

茶碗は拙作『灰釉線刻紋 唐草』


DSCF5143_convert_20130213174817.jpg

最初はお茶を習う人は誰でもが最初に習うお手前。

盆略手前で。

でも、昔に習ったきりで、結構忘れています・・・(反省・・はあまりしてない・・はは)


DSCF5126_convert_20130213174847.jpg


次に、お干菓子。

この日は、贅沢にも・・・左上は富山白梅軒五郎丸屋の『薄氷』

このお菓子は小箱の中に真綿に包まれて密閉されて運ばれてきます。

まるで真冬に張った薄い氷を綺麗に割ったような繊細なお菓子!

右下は出雲の生姜糖二種です。

こちらも素朴で美味しさの塊です。


DSCF5146_convert_20130213174918.jpg

右上の水指は拙作。   砧型水指『唐草』

拙作の水指のなかでは最も自信のある作品です。

この日にお嫁入りが決まりました。

いってらっしゃい!!可愛がってもらってくるんですよ〜♬




器にご興味を持たれた方は、是非、我がHPヘ 小林理恵の《蒼い陶》



押しとけ

にほんブログ村 犬ブログ ジャーマンシェパードへ
にほんブログ村

中津・ふじやの唐揚げ 2013.1.20《女子会総集編2》

      【中津・ふじやの唐揚げ♬】


皆さ〜ん、今晩は〜〜♬

今日、唐揚げの聖地、大分の中津から大量に唐揚げが届きました♬

以前から、TVでしばしば取り上げられていた大分の有名な唐揚げですが、一度食べてみたかったのです。

実は、私のHPに掲載されているGallery-1にあるプニプニ肉球の壁掛けを発注して下さった方のご親戚がこの老舗の唐揚げ屋さんなのだそうです。




DSCF4348_convert_20130213194516.jpg

ゆっきんのプニプニ。フレームの樹材は「セン」

ワンちゃんや猫ちゃん、はたまた想像を超える何者か・・・何でも、プニプニ肉球をとって記念のステキな壁掛けの発注をお待ちしております〜

ご興味のある方は、是非我がホームページへ、どうぞっ
HP → 蒼い陶



その方の愛犬・ゆっきんのプニプニ肉球の壁掛けの出来に大変満足していただき、お仏壇にあげる程喜んで下さったのです。
そして、その方のお母様が送って下さったのです。
味がもう付いているので、届いたら自分の家で油で揚げるだけ!
ふじやさん、お肉もタレもこだわっています。

骨付きの鶏肉と手羽先!!

DSCF5063_convert_20130210132603.jpg


早速、友人を呼んで、パーティー、パーティー♬
外はカリッと、中はジューシー、本当に味付けもよく美味しかったのです!!
山のような唐揚げを今日はみんなでワイワイ、凄い量平らげましてしまいましたぞよ♬
本当に美味しかった!!

ありがとう〜〜♬
ウ、ウパース、君は待てっ!!あ〜〜、ボク、もうたまらん〜〜!

DSCF5064_convert_20130210132842.jpg


地方発送もして下さるそうですから、ご興味のある方は是非リンクからHPを見て下さいね!みんなもいっぺん食べてみて〜!!
ふじやの唐揚げ



押しとけ!!
にほんブログ村 犬ブログ ジャーマンシェパードへ
にほんブログ村

宇佐のネギしゃぶ 《女子会総集編1》

       【宇佐のネギしゃぶ】

皆さん、こんにちわ~♬ まだまだ寒い日が続きますね。
皆さんは風邪などひいてらっしゃいませんでしょうか~?
笠間地方は先日、雪が降りました。

こんなブルブルしちゃうような日は、やっぱりお鍋でしょう~~♬

実は可愛い私のFBのお友達が、とっても素敵な宇佐の名物を贈って下さったのです!    

   その名も、『ネギしゃぶ』

中身は、味一ネギ、鱧(ハモ・・贅沢!)、うどん、ポン酢。全部大分の名産品。

DSCF4149_convert_20130210130547.jpg


これを、土鍋に昆布出汁を取り、ネギを鱧を軽くしゃぶしゃぶしていただきます。

こりゃ~、初体験!!一人で食べるのは勿体ない、という事で我が家の囲炉裏デーブルを開け、
友人を呼び早速、女子会だ~~。

        キャッホ~~!!

こういう事は、サクサク話がまとまり、さっとみんな集合!

DSCF4159_convert_20130210131427.jpg


DSCF4163_convert_20130210131456.jpg



そのお味たるや、なんたる美味しさ!

とりわけ、味一ネギは送って下さった方のお友達が丹誠込めて育てたネギなのだそうです。

甘くて、爽やかで、シャキシャキして新鮮、ヘルスゥイ~そのものでした。

DSCF4164_convert_20130210131031.jpg
お前も一杯やれ!


最後には、うどんを入れ、軽く塩味で、それでもまだ食べ続ける私達。 最後の最後に更にご飯を投入し、溶き卵でお雑炊まで平らげてしまいました!

        満足満足!!

宇佐の美味しい物に舌鼓を打った私達でした。 本当に美味しかったよ~!

DSCF4169_convert_20130210131631.jpg
更に納豆巻まで喰らう
出羽桜、全部呑んだ~~


Kちゃん、どうもありがとう~~♬♬♬


PS:ウパースが横目でヨダレを流しながら見ております・・・。





押しとけ!!
にほんブログ村 犬ブログ ジャーマンシェパードへ
にほんブログ村

私の訓練先生 2013.2.9

昨日のこと。



私とウパースの訓練を手がけて下さっていた先生が天に召されました。

かねてより闘病の過程をそれとなく傍らにいて察知したり、推測したり・・・しておりました。

しかし、最後の最後までウパースの尋常ではないパワーと本能に対峙してくださりました。

最後の練習はもうかれこれ一月半程前になりますが、「僕はだんだんヘルパーが出来なくなりつつあります」と仰り、
その後三回程はヘルパーを他の先生に変わっていただきつつも私達のそばで見守り指導して下さっていました。

きっと、回復なさってお元気になられると信じておりましたが、まさか、はかなく天に召されるとは夢にも思いませんでした。


先生、最後の最後まで私達を導いて下さって本当にありがとうございます。

きっと、先生はとても体力的にしんどかったに違いありません。

けど、私とウパースはまだまだ発展途上だから、もっともっと先生のご指導が必要だったんだ・・・。

でも、先生、もうこれ以上苦しい思いをしなくてもいいのですね・・・。

自由になって沢山したい事をそちらでして下さいね。

きっと、そちら側でも犬の訓練をなさっていらっしゃるのでしょうね。

先生は、昨年は日本代表を選考する大会で、正々堂々たるスポーツマンシップにのっとったベストハンドラーであると世界一流のジャッジから太鼓判を押されましたね。

先生、私達、先生の生徒がどれほどそれを誇らしく思ったか、先生はお分かりなりますか?

私は先生が常々、時間や練習のカリキュラムにルーズなのを厳しく言ったのに、そんな事を私達が甘んじて受け入れざるを得なかったのも、先生のそんな技量を誇りに思っていたからなのです・・・。


     先生、今までありがとう!


そして、先生の言葉を思い出しながら、どこまで私とウパースが出来るか分からないけれど、精一杯やってみるよ。


先生、又、会おうね!!


     さようなら!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。